ここからグローバルナビゲーション


研究・スタッフ紹介

ここから本文です

自動車音響振動研究室
指導教員:山本崇史 准教授
  • キーワード:自動車,音響振動,最適設計,マルチスケール・マルチフィジクス
  • 関連科目名:自動車工学,材料力学,機械力学,機械機能設計
  • 研究室所在地:八王子キャンパス
  • 所属コース:メカノデザインコース
  • 研究室ホームページ:自動車音響振動研究室オリジナルHP

不快な音や振動をなくし,より快適で乗り心地の良い自動車へ

研究室紹介

自動車の運転者や同乗者が乗車中に感じる振動や音は,商品の付加価値を決める重要な要素であり,できるだけ小さくすることが求められています.実際に高級な車は走り出してすぐに,振動や音がよく抑えられていることが分かります.振動や音のレベルを小さくしたい場合,制振材・吸音材・遮音材を用いるのが効果的で,いずれの材料も自動車に多く使われています.しかし,燃費向上の観点から近年軽量化が求められており,これらの材料を効率良く使っていく必要があります.本研究室ではこうした材料を用いた構造の設計手法を構築することを目的に, 各材料を組み合わせたときの吸音率や遮音性能の予測,制振材料の最適なレイアウト設計法,マルチスケール解析を用いた吸音率の予測,吸音材の微視的構造の最適化,などの研究に取り組んでいます.また,吸音材と同種の材料を用いて作られているシートについても,その振動音響的な特性を定量的に予測できるよう研究をすすめています.

  • 研究コンセプト
  • 音響解析を基に設計した吸音材の設計例
  • マルチスケール解析を用いた吸音率の予測結果
  • 前のページへ戻る
  • ページの先頭へ戻る
  • 機械をつくる 機械工学科
  • 機械を動かす 機械システム工学科