ここからグローバルナビゲーション


研究・スタッフ紹介

ここから本文です

精密加工研究室
指導教員:久保木功 教授 / 柳迫徹郎 助教
  • キーワード:難加工材,高強度・高じん化,加工技術,マイクロ部品
  • 関連科目名:機械製作法,金属材料工学,材料力学
  • 研究室所在地:八王子キャンパス
  • 所属コース:メカノデザインコース
  • 研究室ホームページ:

人に優しい身近なものづくり! さらに強く,もっと作りやすく!

研究室紹介

航空・宇宙,医療・福祉などの先端ハイテク産業を支えるチタンやマグネシウム,超合金,ステンレスなどの金属材料は,高機能構造材料として高強度,高耐熱,高耐食,軽量,生体適合など多くのメリットを持っている反面,成形加工が困難な材料として知られています.これらの材料を自動車や電子機器などの身の回りの製品にまで,さらに普及させるためには,材料費の低減とともに加工性(作りやすさ)をより向上させる必要があります.
これらの材料に,さらに高強度・高じん性化(軽量化が可能)を図り,これと一見矛盾する加工のしやすさの両立を狙い,いかに@高機能・高付加価値を有する材料を,A単純形状の素材から,いかにB早く単純工程で,C複雑形状(最終形状)まで,いかにD材料のムダなく(非除去加工,リサイクル性など),E高精度に加工するかをポイントに研究を進めています.
強いけど,ねばく,ムダなく,加工もしやすい,そんな人に優しい金属材料の創製や機械部品の新しい製造・加工技術の開発に挑戦しています.

  • 精密加工研究室の狙い
  • チタン合金,コバルト合金の超塑性変形
  •  マイクロ転造加工
  • 前のページへ戻る
  • ページの先頭へ戻る
  • 機械をつくる 機械工学科
  • 機械を動かす 機械システム工学科